地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、八女・広川の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

八女・広川の地域情報サイト「まいぷれ」八女市・広川町

営業状況につきましては、ご利用の際に店舗・施設にお問い合わせください。

変異の新型肺の炎症??の属性と漢方対策

 漢方足湯 健康館のニュース

五行と内臓の関係図「変異の新型肺の炎症??の属性と漢方対策」

五行と内臓の関係図

昨年1月の肺の炎症についての考察は下記リンクをクリック

炎症とは?今年大流行の肺の炎症とは?漢方の対策は?

今回は、年末ぐらい(12月20日)からイギリス発の変異したものがあり、あっという間に世界中に広がりました。普通は変異と言ったら、数十~数万種類になるところが、非常に不思議なことに、今回の世界中の変異のものはほぼ同じ型です。変異種とは一般的に言われますが、私たちはこれが全く別の種類のものだと思っております。

症状から言うと、今回は肺臓ではなく、胃と腸から多く検出されているので、肛門から検査が必要になっているらしいです。毒性も致死性も高く、酷い後遺症が残され、接触暦ない人も多発して、感染経路は完全特定不能だそうです。

昨年の肺の炎症の属性は五行の金の風邪または熱邪であり、今回の‘‘変異種‘‘は五行の土の寒邪であります。今回の‘‘変異種‘‘は主要破壊するところが金属性である肺ではなく、土の属性である脾臓と胃と小腸です。脾臓は筋肉を司るので、筋肉も破壊されます。後遺症もこれらの身体組織に現れます。主に、心肺力の後退、体力筋力の後退、消化力の後退、行動力の後退等です。感染されやすいグループは年寄りではなく、若い人たちや子供などです。これは非常に厄介です。

今回の‘‘変異種‘‘に対して、症状の緩和または免疫増強のために、漢方対策の着手点は手太陽小腸経、足太陰脾経、足陽明胃経、足太陽膀胱経です。但し、土の属性である内臓を生かすには、火の属性である心臓が必要です。なので、手少陰心経のエネルギー増強も対策の一環です。
名称漢方足湯 健康館
フリガナカンポウアシユ ケンコウカン
住所834-0063 八女市本村清水町389-8
電話番号0943-22-9703
受付時間10:00~22:00(24:00閉店)
定休日不定休
駐車場あり(清水町商店街専用駐車場)
関連ページホームページ
こだわり
リラクゼーション[漢方/足湯/健康食品]

漢方足湯 健康館

最新のニュース一覧へ
口コミ(1件)一覧へ